青春の高校数学
泣いて笑ってしっかり学べる、愛と感動の高校数学参考書
役に立つ高校数学 --- 情熱の高校数学ライブ ---
2008年に行われた方手雅塚氏による「役に立つ高校数学」をテーマにした講義、 情熱の高校数学ライブです。 「役に立つ」の意味は様々です。 ゆえに、「数学は何の役に立つのか?」の答えも様々 です。 情熱の高校数学ライブでは特に、すぐその場で具体的に「おおー、本当に役に立つんだ」と 実感できるようなものに焦点を当てます。 特に次の3つのカテゴリーを扱います。

1.高校レベルの数学的手法で不正確・非効率な計算を改善する。
2.現象を数式で表し、そこから何らかの有益な情報を得る。
3.現象の解釈を数式及び計算結果で検証する。
それぞれの具体例として、以下のトピックを考えます。

役に立たない計算機、役に立つ数学
計算機は計算を間違えます。 特に電卓の答えの最後の桁は信用できません。 しかし、高校数学を使えばその間違いを大きく抑えることが出来ます。 参考板書画像
飛行機は本当に飛べるのか?
飛行機が飛べるのは、翼に発生する上向きの力(揚力)のおかげですが、 なぜ上向きの力が生じるのでしょうか? ベルヌーイの定理で有名なボーイ スカウト理論からニュートンの理論まで、これにはいろんな解釈が存在しますが、 実際それらの理論をもとに揚力の大きさを計算すると、 ジャンボジェットは飛べないという結論に至ります。 高校数学を使って揚力を 計算し、それらの理論が間違っていることを実感できます。 参考板書画像